最高品質の家を建てられる!

こだわりを好きなだけ盛り込める

注文住宅を建てる場合には、あらかじめ用意されているデザインをカスタマイズするセミオーダータイプと一から全てのデザインを考えるフルオーダータイプのいずれかを選択する必要があります。注文住宅といってもセミオーダーの場合はデザインや使える建材などがある程度決まっているのに対し、フルオーダーの場合にはすべて自分が希望するものを選べるため、自由度は圧倒的に後者の方が高いといえるでしょう。例えば、2階にリビングを設けたり、地下室を掘ってシアタールームを設置するということもフルオーダーであれば可能なのです。ただし、いかにフルオーダーといっても土地に建築制限が設けられている場合には、それに従う必要がある点には注意が必要です。

いくらでもクオリティを高められる

フルオーダー住宅では、施主が望めばいくらでも家のクオリティを高めることができます。例えば、より丈夫で長持ちする建物を建てたいのであれば、ツーバイフォーではなく、ツーバイシックスを選ぶことが可能ですし、木造軸組工法で建てる場合に、標準のものより太い柱を用いるという選択肢も取り得ます。また、住宅設備も施主のこだわりの見せ所です。ハイグレードな家にするのであれば、ヨーロッパなどの海外製の高機能な食洗機やオーブンを導入すれば、家の高級感は一気に増すことでしょう。アンティークで作られたライトやアイアンなどを取り付けてもよいですし、調度品にこだわることによって、よりエレガントな家に仕上げることができるのです。